天仙液、三便宝、曲美、牛黄清心丸 振国系列製品 振国系列製品の配合服用法 振国系列製品のQ&A
振国系列製品の品質 製品包装変更情報 治療相談案内
ご注文案内 医師向けの輸入代行 開発者のご紹介

がん種類による振国系列製品の配合服用方法

天仙液天仙液の製品の癌治療効果、がん治療方法として天仙液を漢方薬として
通化長白山薬物研究所は、「振国系列製品」を利用する患者たちが、より治療効果を高められるように、各種の癌に対する治療方案『天仙薬物総合治療常見癌病方案』を公表しています。振国系列製品の服用や購入する際の種類選択用としてご参考ください。
癌治療漢方薬とがん治療用天仙液の製品の癌治療効果、天仙液がん治療方法
一、食道癌、胃癌、大腸癌、甲状腺癌、膀胱癌、腎臓癌、前列腺癌、悪性リンパ腫、骨癌、脳腫瘍の治療方案
天仙液による癌治療とその癌治療方法や天仙液の効果などについて

【服用薬】

1.活力源口服液: 服用方法は活力源口服液の章に参考。
 注:活力源口服液の変わりに新製品の「天仙生物活力粉」をご利用してもいいです。

2.復方天仙膠嚢: 服用方法は復方天仙膠嚢の章に参考。

【配合服用薬】

1、宮頚癌栓:、宮頚癌栓は消化系を通じて吸収するのではなく、直腸から直接薬効を吸収するため、薬を運ぶ途中の薬効成分の損失が少なく、即効性があります。大腸癌、食道癌、胃癌、甲状腺癌、膀胱癌、腎臓癌、前列腺癌、悪性リンパ腫などに効果的です。活力源口服液と併用する場合、1回1粒を一日2回使用して下さい。

2、白花蛇舌草注射液(旧名:天仙注射液):筋肉注射または静脈点滴。活力源口服液と併用する場合の注射量は、筋肉注射は1回2ccを1日2回。静脈点滴の場合、1回60ccを1日1回。

3、参威口服液(旧名:天仙栄養液):1回1本(10ml)を1日2〜3回で配合服用します。
参威口服液を服用する目的は主に二つあります。その一、体力と免疫力の増強。その二、放射線や化学治療の副作用の減少。特に体質の弱い患者はぜひ天仙栄養液を併用することをおすすめします。

4、蟾酥鎮痛膏:癌による痛みのある場合、腫瘍部位に貼って、1回4〜8時間、1日に1回。

5、骨炎霊片:骨がんまたは末期癌で骨まで転移している場合に使用してください。
  単純骨癌、転移なしの場合、天仙液と骨炎霊片だけの摂取で大丈夫です。活力源口服液を併用する必要はありません。
  骨炎霊片を天仙生物活力粉と併用する場合、骨癌の治療用なら1回4〜8粒を1日4回。がんの骨転移の治療用なら1回4〜8粒を1日3回。

ニ、肺癌、喉頭癌、鼻咽頭癌、気管支癌、唾液腺癌の治療方案
天仙液によるがん治療、癌治療方法または天仙液の使用方法

【服用薬】

1.活力源口服液: 服用方法は活力源口服液の章に参考。
 注:活力源口服液の変わりに新製品の「天仙生物活力粉」をご利用してもいいです。

2.鶴蟾片: 服用方法は鶴蟾片の章に参考。

【配合服用薬】

1、白花蛇舌草注射液:筋肉注射または静脈点滴。活力源口服液と併用する場合の注射量は、筋肉注射は1回2ccを1日2回。静脈点滴の場合、1回60ccを1日1回。

2、参威口服液(旧名:天仙栄養液):1回1本(10ml)を1日2〜3回で配合服用します。
参威口服液を服用する目的は主に二つあります。その一、体力と免疫力の増強。その二、放射線や化学治療の副作用の減少。特に体質の弱い患者はぜひ参威口服液を併用することをおすすめします。

3、蟾酥鎮痛膏:癌による痛みのある場合、腫瘍部位に貼って、1回4〜8時間、1日に1回。

4、骨炎霊片:末期癌で骨まで転移している場合に使用します。活力源口服液と併用する場合、1回4〜8粒を1日3回。

三、肝臓癌、胆嚢癌、胆管癌、膵臓癌の治療方案
がん治療と天仙液の使用方法、癌治療の情報とそのがん治療方法や天仙液使用かた

【服用薬】

1.活力源口服液: 服用方法は活力源口服液の章に参考。
 注:活力源口服液の変わりに新製品の「天仙生物活力粉」をご利用してもいいです。

2.益肝沖剤(旧名:天仙丸6号): 服用方法は益肝沖剤の章に参考。

【配合服用薬】

1、白花蛇舌草注射液:筋肉注射または静脈点滴。活力源口服液と併用する場合の注射量は、筋肉注射は1回2ccを1日2回。静脈点滴の場合、1回60ccを1日1回。

2、参威口服液(旧名:天仙栄養液):1回1本(10ml)を1日2〜3回で配合服用します。
参威口服液を服用する目的は主に二つあります。その一、体力と免疫力の増強。その二、放射線や化学治療の副作用の減少。特に体質の弱い患者はぜひ参威口服液を併用することをおすすめします。

3、蟾酥鎮痛膏:癌による痛みのある場合、腫瘍部位に貼って、1回4〜8時間、1日に1回。

4、骨炎霊片:末期癌で骨まで転移している場合に使用します。活力源口服液と併用する場合、1回4〜8粒を1日3回。

四、乳癌、子宮癌、卵巣癌、膣癌、輸卵管癌の治療方案
癌治療の漢方薬天仙液による癌治療やその癌治療の薬、天仙液の効果などについて

【服用薬】

1.活力源口服液: 服用方法は活力源口服液の章に参考。
 注:活力源口服液の変わりに新製品の「天仙生物活力粉」をご利用してもいいです。

2.宮頚癌片(旧名:天仙丸7号): 服用方法は宮頚癌片の章に参考。

【配合服用薬】

1、宮頚癌栓:子宮癌、卵巣癌、膣癌の場合、有効成分が直接患部に吸収されるため、大変有効です。活力源口服液と併用する場合、1回1粒を一日2回使用して下さい。

2、白花蛇舌草注射液:筋肉注射または静脈点滴。活力源口服液と併用する場合の注射量は、筋肉注射は1回2ccを1日2回。静脈点滴の場合、1回60ccを1日1回。

3、参威口服液(旧名:天仙栄養液):1回1本(10ml)を1日2〜3回で配合服用します。
参威口服液を服用する目的は主に二つあります。その一、体力と免疫力の増強。その二、放射線や化学治療の副作用の減少。特に体質の弱い患者はぜひ参威口服液を併用することをおすすめします。

4、蟾酥鎮痛膏:癌による痛みのある場合、腫瘍部位に貼って、1回4〜8時間、1日に1回。

5、骨炎霊片:末期癌で骨まで転移している場合に使用します。活力源口服液と併用する場合、1回4〜8粒を1日3回。

説 明

上表の中、【服用薬】で指定された薬の種類について、なるべく併用してください。よりよい治療効果が得られます。
【配合服用薬】に記載された薬の種類について、一人一人の患者の状況により配合する必要性が違ってきますので、使用するかどうかご本人で判断するか、またメ−ルや電話などでご相談ください。

天仙生物活力粉 天仙維尓命口服液 活力源口服液 復方天仙膠嚢
骨炎霊片 鶴蟾片 益肝沖剤 宮頚癌片
宮頚癌栓 参威口服液 白花蛇舌草注射液 蟾酥鎮痛膏

天仙液の成分含有量    天仙液系列製品のトップ