北京同仁堂の「牛黄清心丸」

北京同仁堂の牛黄清心丸はますます注目になりました!!

牛黄清心丸は歴史長い漢方かつ貴重な製品、清朝時代は宮庭の御薬ともいわれ、朝廷(天皇のような人物)しか利用できない。その特徴として血流障害によく効く漢方薬です。

この方々に牛黄清心丸をおすすめます!

各病種を治療する牛黄清心丸の効能効果

「牛黄清心丸」ー 清朝宮庭の御薬

「牛黄清心丸」ー 中国三大名薬の一つ

牛黄清心丸の方剤は最初、中国宋朝時代(960~1279)の医学名著方書《太平恵民和剤局方》 に収載した「牛黄清心方」です。その後、長い年月に経て、その方剤中の生薬の変更や用量加減などに加え、脳卒中(脳梗塞、脳出血)治療の有効な薬として民間に広く 使用されていました。

牛黄清心丸が一躍浴びたのはその500年後の清朝時代(1644~1911)、清朝宮庭用薬のため、医学名家が集め、「牛黄清心方」を さらに検討し、多種の珍奇薬材を巧妙に配合して入方させ、脳卒中(脳梗塞、脳出血)治療だけでなく、鎮静安神、化痰熄風、降血圧、滋養強壮など多 機能を持つ“幻”の薬に変わったのです。当時清朝宮庭専用の「清宮御薬製薬房」である同仁堂(現在の北京同仁堂股分有限公司) がその新しい方剤を製薬し、“清宮秘方”といわれる清朝宮庭専用の秘薬「牛黄清心丸」が生まれたのです。

あれから300年後の現在に至って、牛黄清心丸について沢山の研究を重ねてきたが、薬の成分は大きな変化がなく、ほとんどその当時 の「清宮秘方」の内容のまま残しています。しかし、同仁堂が牛黄清心丸を公開して全国に普及させ、海外にも大量に輸出し、世界中に知られている大手製薬メ-カ -“北京同仁堂股分有限公司”になりました。同仁堂がこんなに大きくせいちょうしたのは「清宮御薬製薬房」の原因でありますが、牛黄清心丸がその主な要因ともいわれています。

information製品案内

  • 【牛黄清心丸の主成分】

    牛黄、羚羊角、麝香、人参、白朮(麸炒)、当帰、白芍、柴胡、干姜、阿膠、桔梗、水牛角の濃縮粉など27味生薬
  • 【牛黄清心丸の効能】

    滋養強壮、益気養血、清火解熱、化痰熄風、鎮驚安神。
    脳卒中(脳梗塞、脳出血)などの脳血管障害に及ぼした脳卒中後遺症、半身不随、言語障害、行動障害、意識障害、手足麻痺など。
    ストレスによる精神不安定、記憶力減退、不眠症、耳鳴り、または体の衰弱にもおすすめです。
  • 【用法用量】

    1回1丸を1日2回(病気重い場合は3回)、食後30分後、白湯で服用。
    服用方法の詳細:
    牛黄清心丸の外包を割り、なかの丸薬を小さく切って飲む。或いはそのまま口に入れて、かんで服用する。
  • 【価格】

    3g×10丸入×6箱 (約一ヶ月分) 27,600円
    3g×10丸入×12箱 (約二ヶ月分) 54,600円

    上記価格は商品代、送料、消費税などすべての料金は含まれております

  • 【注意事項】

    牛黄清心丸の服用中に酒や油っぽいものをなるべく食用しないようにしてください。
  • 【製薬メーカー】

    北京同仁堂股分有限公司 同仁堂製薬厰

脳卒中(脳梗塞、脳出血)などの脳血管障害に及ぼした脳卒中後遺症、半身不随、言語障害、行動障害、意識障害、手足麻痺など。

牛黄清心丸 10丸入/箱タイプ

牛黄清心丸は二種類があり、10丸入/箱はその一種類、も一種類は6丸入/箱の製品です。今回主に紹介するのは10丸入/箱の製品です。

牛黄清心丸 6丸入/箱タイプ
詳細紹介はコチラ

牛黄清心丸(ごおうせいしんがん)の主な成分

牛黄清心丸の成分-牛黄 【生薬名】 牛黄(ゴオウ)
【基 原】 ウシ(ウシ科 Bovidae)の胆嚢中に生じた結石
【薬 効】 
牛黄は麝香とならび称される代表的な動物生薬で、一般に強心、鎮静、鎮痙、解熱剤などとして知られています。臨床上に癲癇病や痙攣、意識障害の治療に用いますが、喉の腫れ、痛み、口内炎、小児の鵞口瘡、疱疹などの治療にも利用されています。
牛黄清心丸の成分-羚羊角(レイヨウカク) 【生薬名】 羚羊角(レイヨウカク)
【基 原】 
サイガカモシカ (Saiga tatarica Linné)の角
【薬 効】 
サイガレイヨウの角を粉末にしたもので、鎮静作用により神経の緊張を和らげます。
牛黄清心丸の成分-麝香 【生薬名】 麝香(ジャコウ)
【基 原】 シカ科(Cervidae)のジャコウジカ の雄の麝香腺分泌物を乾燥したもの
【薬 効】 
鎮静醒神、涼血定惊、平肝息瘋。
麝香はジャコウジカから採集される高貴な動物生薬です。薬効として主に心臓機能の増強、血液障害や脳卒中、痙攣発作、危機症状の改善作用、その他に血圧の調節、抗感染、消炎などの作用があります。麝香は強い浸透力があるため、近年臨床上に抗がん漢方薬といても利用されています。
牛黄清心丸の成分-朝鮮人参 【生薬名】 人参(ニンジン)
【基 原】 
オタネニンジン (ウコギ科 Araliaceae)の根
【薬 効】 
人参は“神の草”や“百草の王”とも称され、中医上に“体虚欲脱、肢冷脈微、久病衰弱、心力衰竭”などの症状に対症します。臨床上に貧血、身体衰弱、健忘症、頻尿症、寝汗、血色不良、腎臓機能低下などの症状に対する処方に配合されています。
牛黄清心丸の成分-当帰(トウキ) 【生薬名】 当帰(トウキ)
【基 原】 トウキまたはその近縁植物(セリ科Umbelliferae)の根
【薬 効】 
当帰は,婦人病の要薬として良く知られています。とくに補血,活血薬として,四物湯や当帰芍薬散など,多くの繁用処方に配合されています。
牛黄清心丸の成分-芍薬(シャクヤク) 【生薬名】 芍薬(シャクヤク)
【基 原】 シャクヤク 又はその他近縁植物(ボタン科 Paeoniaceae)の根
【薬 効】 
シャクヤクは鎮痛,鎮痙,活血,補血作用がありますが、近年、漢方医療には肝臓障害の治療にも利用されいます。
牛黄清心丸の成分- 柴胡(サイコ) 【生薬名】 柴胡(サイコ)
【基 原】 ミシマサイコ またはその変種(セリ科 Umbelliferae)の根。
【薬 効】 
“和解表里、疏肝解郁、昇陽挙陥”。
風邪や高熱などの治療方剤によく利用されています。
牛黄清心丸の成分-乾姜(カンキョウ) 【生薬名】 乾姜(カンキョウ)
【基 原】 カンキョウ (Zingiberaceae) の根茎。
【薬 効】 
“温中散寒、回陽通脈、温肺化飲。”
現代中医学では乾姜は散寒薬で裏の寒を消す薬物とされて、脾弱、嘔吐、風邪、発熱などの病状に利用されています。
牛黄清心丸の成分-阿膠(アキョウ) 【生薬名】 阿膠(アキョウ)
【基 原】 ロバ(Equidae)の毛を去った皮,骨,けん又はじん帯を水で加熱抽出し,脂肪を去り,濃縮乾燥したもの
【薬 効】 
陰を補い、滋陰補血、止血とされ,養血薬として知られています。
牛黄清心丸の成分-桔梗(キキョウ) 【生薬名】 桔梗(キキョウ)
【基 原】 キキョウ(キキョウ科 Campanulaceae)の根の細根を去って乾燥したもの
【薬 効】
鎮咳去痰薬はすなわち肺の経絡に入る薬物です。
牛黄清心丸の成分-水牛角(スギュウカク) 【生薬名】 水牛角(スギュウカク)
【基 原】 牛科動物水牛(Bubalus bubalis Linnaeus)の角
【薬 効】 
動物生薬犀角(サイカク;インドサイなどの角)の代用品としてよく利用されています。中医学に“清熱鎮痙、平肝熄瘋”の作用があり、癲癇病、痙攣、意識障害などの症状に有効的、近年では水牛角の肝臓細胞にウィルス傷害に対する阻止作用も発見されています。

※日曜日と祝日は修業です。