霊芝に関する研究 霊芝の産地情報、霊芝の効能及び飲み方法

近年来、霊芝に関する研究が盛んに行われ、日本でも1997年11月に、「日本霊芝国際学会」が開催され、8ヵ国の霊芝の研究者が東京に集まり、霊芝に関する研究発表を行いました。本サイトは霊芝の産地生産情報や霊芝の飲み方…

霍山産の赤霊芝

霊芝は滅多にお目にかかれない”貴重品”

霊芝のがん治療中国では昔から霊芝は貴重なものとして珍重されてきました。秦の始皇帝が神仙術者である徐福に命じて仙人になるための仙薬を探し求めさせたことはたいへん有名な話で、日本にも数千人の探険家を送っていたと言われています。その求めた仙薬の一つに霊芝も含まれていたそうです。
漢の武帝が霊芝の愛好者であったことは『漢書・武帝記』に明記されています。唐の玄宗皇帝は、五十五歳で楊貴妃と出会い、それからの十六年間というものひたすら楊貴妃を溺愛します。楊貴妃自身に玄宗皇帝をとらえて離さない魅力があったことは間違いないでしょうが、それ以外に、楊貴妃の郷里・蜀州で生産する良質な霊芝を飲むことができたからだという説もあります。
霊芝が中国の医学薬学の学術専門書に始めて取り上げられたのは、中国でも最古の薬物書といわれる『神農本草経』です。本の中に三百六十五品目の生薬を収納され、それを上品、中品、下品の三種類に大別し、その上品の中に霊芝があげられています。

元来霊芝は山谷の広葉樹の木杭の傍に生えるキノコで、採取するのは大変です。中国ではひと昔までは一般の人間の目に触れることはほとんど無く、まさに”皇帝”の位にあるような、ごく一部の人間しか手に入れることのできないものでした。漢の時代、『漢書・武帝記』には、漢の武帝が霊芝の愛好者で、霊芝が発見されると、宮中で祝宴を催し、大赦令を出し(「宮内中産芝…」)、霊芝の詩を作って祝った(「作芝房之歌」)ことが記されています。

広がる「霊芝」の輪

近代になってからは、霊芝に関する研究が盛んに行われ、日本でも1997年11月に、「日本霊芝国際学会」が開催され、8ヵ国の霊芝の研究者が東京に集まり、霊芝に関する研究発表を行いました。
しかし、霊芝の種類や品質により臨床治療結果が違い、その薬理研究或いはその他の研究の結果にも影響が現れてきました。そこで、品質の定まった霊芝を生産化するために、中国科学院北京植物研究所を始め、広東微生物研究所、武漢医科大学、四川抗菌素工業研究所などの研究機構によって栽培化研究が行われ、霊芝の優秀菌の大量人工栽培が可能になったのです。
近年、食品メ−カ−にも健康食品の主成分として取り入れられ、多種類の霊芝関係の健康食品が登場しています。日本でも霊芝の愛飲者が増え、人気がますます高まっていると言えます。。

霊芝の成分と効能

霊芝の効能霊芝の主な成分にはボルバトキシン、糖タンパク、ヌクレオチド(硫黄含有)、ガノデランBなどがあります。最近の霊芝に関する研究発表では、β-D-グルカンを含有することも証明されています。

霊芝の効能効果については、まことに残念なことですが、健康食品(医薬部外品)に関する薬事法により、効能・効果に関わる記述は、効能効果が確実で有るかとの誤解を与えるということで認められておりません。
また、詳しい用法・用量の説明についても、医薬品であるかの誤解を与えるということで、禁じられております。私どもは法律を守り、効能・効果に関わる記述は自粛いたしております。ご了承よろしくお願いします。

霍山産の赤霊芝

赤色の霊芝霊芝の産地は、河南省の霍山の他に、山東省、四川省があり、どの場所でも大量栽培されていますが、霊芝の成長にとって最適な環境は高山乾燥気候で、昔から有名なのは河南霍山産の赤霊芝です。中国科学院北京植物研究所に指定された霊芝の栽培基地でもあり、栽培技術の発展状況や、栽培管理、品質検測条件なども整っており、中国国内でも霍山産の赤霊芝は特に消費者に求められています。
当社はその霍山産の赤霊芝だけを輸入しております。その他の産地の赤霊芝は入手しやすいのですが、品質を保証するため、いっさい取り扱っておりません。
今年から、野生の赤霊芝も扱うようになりました。価格は少し高めですが、貴重なものです。

霊芝の飲み方

霊芝はかたくてそのまま食べることができないので、昔から煎じて飲む方法がとられています。姿のままの霊芝を薄く削って、また細かく刻んだものを利用します。
一日分は霊芝のカット品三〜五グラムが適当、より治療効果を高めたい時には一〇グラムほど用いでもよいでしょう。
霊芝を適当量とって、それに水を一日三回分ならコップ二本分の量をなべに入れ、沸騰するまでは強火で煎じ、煮立ち始めたら、トロ火にして、その後三十分ほど煎じてください。その程度で霊芝中の成分はすっかり溶出してきます。煎じ終わったら、ただちに霊芝のカスを取り除き、煎じ汁だけにして、温い間に飲んでください。霊芝は飲むたびに一回一回煎じて、煎じ汁を全部いっきに飲むのが、理想的ですが、一日分煎じた場合は、二回か三回に分け、その一回分はただちに飲み、残りは別のコップに入れ、口にアルミホイルをかぶせ、冷蔵庫に入れて、飲むときにもう一度温めてください。霊芝の煎じ汁は、たいへん苦味の強いものなので、飲むときに砂糖を入れてもいいでしょう。
二三日分を一遍に煎じしても問題はありませんが、なるべく蓋のある容器を使って冷蔵庫に保管し、飲むたびに温めてからお飲みください。
霊芝は胃腸に対して大変やさしいものですので、吸収しやすいため、できるだけ食前にお飲みください。

霊芝酒の作り方

霊芝の細かく削ったものを三〇グラム用意し、六〇〇CCの焼酎につけてください。一・八リットルの焼酎なら一〇〇グラムの霊芝をつけてください。
焼酎が茶褐色になり、なめると強い苦味を感じるようになれば、飲みところです。約一ヶ月は漬け込んでください。
霊芝のほかに棗を5個位を入れ、より飲みやすくになります。
また中国では霊芝の他に薬用人参、桂皮、鹿茸など十六種類の動物・植物生薬を加えて熟成した霊芝酒があります。