朝鮮人参の名産地ー長白山 朝鮮人参の栽培と収穫 朝鮮人参を囲む行事や祭り

朝鮮人参祭りが終わると、本格的に朝鮮人参の収穫が始まります。9月の初めから11月の上旬までが、朝鮮人参の収穫・売買の最盛時期です。11月10日頃になると山は霜で覆われ、朝鮮人参の栽培や追肥、管理…

長白山産の朝鮮人参

人参の現状

人参は中国東北部、黒竜江省、吉林省、遼寧省、河北省北部、長白山地方の山岳地帯や旧ソ連の沿海州、北朝鮮、韓国の森林内に自生しています。
自生地は北向きの斜面で、夏は涼しく、土壌は腐植質を多く含んだ、水はけのよい樹の下です。しかし現在ではこれらの地方も乱獲と森林の開発により、野生の人参は著しく減少しており、今ではほとんど見ることがありません。
現在市場に流通している人参のほとんどは、人工栽培の人参です。中国の栽培地である東北長白山地区では、人参の品質改良に力を入れており、自生地の自然条件と同じ環境で、無化学肥料、無農薬栽培が行われ、世界的に年間使用量の六割が長白山産人参と言われています。
中国の長白山人参は北朝鮮や韓国産の人参と同じ長白山山脈で栽培されているため、昔から朝鮮人参とよばれています

朝鮮人参の成長と収穫

朝鮮人参は多年生の寒冷高山植物です。成長は非常に遅く、収穫まで5、6年間かかり、しかもその半分以上の時間は、マイナス20度以下の雪山の中です。そうして5年経った朝鮮人参が、やっと使用できるものになるのです。5年経った朝鮮人参でなければ、食べた時に、朝鮮人参の機能が十分発揮できないのです。
しかし、産地では、通常6年目のものでないと収穫しません。6年経った朝鮮人参は、人に例えると、40歳の壮年のような感じで、大きさもあり、成分の含有量がたっぷりと充満しています。

9月に入ると、朝鮮人参の産地に行けば、高圧噴水器で、収穫した人参の皮を剥く風景がいたるところで見られるようになります。朝鮮人参の皮を剥かずに乾燥させるときれいにならないためです。
当社は無残留農薬を保証するため、国営の朝鮮人参栽培農場(現地では“参場”といい、長白山地区で、国の大規模な“参場”は4つあります。)から朝鮮人参を購入します。“参場”では、朝鮮人参の皮を剥く作業から、乾燥、箱積みまで、すべて近代化された機械で加工し、許可を取れば見学することもできます。

朝鮮人参祭り

日本のお盆のように、昔から韓国の“錦山”や中国の“撫松”、“通化”、“吉安”など長白山脈の朝鮮人参の産地では、現地の人たちにとって大切な祭り-朝鮮人参祭りがあります。祭りの時期には多少の差がありますが、8月の中旬から9月の初めごろにかけて祭りが行われます。
祭りが始まると、参農(朝鮮人参栽培する農家)は休みになり、人々は家にいろいろな形の朝鮮人参模様の“灯籠”を飾ります。また人参を主題にしたいろいろな行事も行われ、料理や宴会も朝鮮人参を中心としたものになります。
特に、中国側の長白山区域には満族や朝鮮族など多民族が住んでいるため、貴州の“大理”や雲南の“苗家寨”のように、多彩な民族衣装で民族舞が披露され、豊作を祈る人たちがあちこちに見られます。

朝鮮人参祭りが終わると、本格的に朝鮮人参の収穫が始まります。9月の初めから11月の上旬までが、朝鮮人参の収穫・売買の最盛時期です。11月10日頃になると山は霜で覆われ、朝鮮人参の栽培や追肥、管理などはほとんどできなくなってしまいます。これを現地では“封山”とよんでいます。

朝鮮人参の成分と効能

朝鮮人参の主成分はサポニンです。サポニン以外に糖質(主にショ糖)、アミノ酸などが含まれており、朝鮮人参の香気成分としてはメトキシピラジン誘導体や、β-シトステロ−ル、脂肪酸などを含有しています。
その他に、ミネラル(無機質)も多く含まれており、中でもマグネシウムは他の植物の一〇倍以上も多く含まれています。マグネシウムに次いで多いのがカリウムです。一般にサポニンを含む植物はカリウムも多く含んでいますが、朝鮮人参はナトリウムの約一〇倍から二〇倍もの多量のカリウムを含んでいます。

朝鮮人参の効能効果については、残念ながら、健康食品(医薬部外品)に関する薬事法により、効能効果を記述することができませんので、ここでは省略させていただきます。

朝鮮人参に関して、効能・効果や詳しい情報をお知りになりたい方は多くの書物が出ておりますので、それらをご参照頂ければ幸いです。(製品の販売目的以外での学術的な書物などによって効能・効果を述べることは法律上、認められております。)

朝鮮人参の選択方法

生干し朝鮮人参白参とも称す)― 掘ったばかりの新鮮な朝鮮人参をそのまま乾燥させたものを生干し朝鮮人参といいます。
紅参 ― 掘ったばかりの新鮮な朝鮮人参をそのまま蒸して乾燥させたものを紅参といいます。
紅参は、最初に蒸すことによって朝鮮人参の有効成分がほとんど損なわれることがないため、白参に比較してサポニンの含有量が多いのが特徴です。また、澱粉がα化されていますので、煎じた時、有効成分が溶け出しやすいという長所があります。

長白山産の朝鮮人参
掘られたばかりの朝鮮人参
長白山産の朝鮮人参
皮を剥かれ陽光で干される朝鮮人参

朝鮮人参の品質といえば、六年根のものが一番よいとされます。ところによっては四年、五年で収穫してしまうこともありますが、四、五年根は六年根と比べると、有効成分のサポニン量が少なく、しかも二十種類のサポニンのバランスも不安定です。ですから、朝鮮人参はなんといっても六年根を選ぶべきでしょう。

朝鮮人参を加工する時は、スライスしたり、刻んだり、粉末にする場合がほとんどです。スライスしたものや、刻んだものは煎じて飲みます。粉にしたものは普通はそのまま召し上がることができます。

朝鮮人参の飲み方法

朝鮮人参を加工するのは、スライスしたり、刻んだり、粉末にしたものがほとんどです。スライスしたものや、刻んだものは煎じて飲みます。一日分は朝鮮人参のカット品五〜一〇グラムが適当です。粉末はそのまま飲みます。

朝鮮人参の煎じ方法
朝鮮人参を適当量とって、それに水を一日分ならコップ1杯半位(500ml位)の量をなべに入れ、沸騰するまでは強火で煎じ、煮立ち始めたら、トロ火にして、その後30分ほど煎じてください。その程度で朝鮮人参中の成分はすっかり溶出してきます。煎じ終わったら、煎じ汁を二回、三回分わけ、少しの時間がおいたら、暖かいうちに一回分を飲み、残りは別のコップに入れ、口にアルミホイルをかぶせ、冷蔵庫に入れて保管してください。飲むたびに温めてから飲むのは普通ですが、冷たいものを飲んでも構いません。朝鮮人参は副作用や刺激性のないものですので、吸収しやすいため、なるべく空腹でお飲みください。
毎日その日の分を煎じして飲むのが理想ですが、面倒であれば、二、三日分を一遍に煎じし、蓋のある容器に入れて冷蔵庫に保管し、飲むたびに温めてからお飲みください。

人参酒の作り方

まず、五〇〇ミリリットルの焼酎をビンに入れ、その中に三〇〜五〇グラムの紅参の切片を入れて、約二週間漬け込みます。切片がふくらむ際に紅参の紅色がぬけて、美しい紅色をした人参酒ができあがります。白参を使った場合は、有効成分の溶出に二〜三ヶ月もかかり、しかも植物特有のくさみがあります。また、朝鮮人参の苦味が気になる人は、大棗一〇個ほど入れてください。大棗の甘味がついてのみやすくなります。

朝鮮人参の酒人参酒の詳細紹介はこちら